奈良のドラム教室♪TOMO-Z♪

お近くのスタジオ等で丁寧なドラムレッスン。1レッスン3,000円~「対応地域:奈良・橿原・生駒・京都府南部」

ドラム

ドラムブログVol.10『リズムを歌う(リズムパターン編)』☆☆

投稿日:2019年3月20日 更新日:

皆様、こんにちは。 前回(Vol.9)「リズムの歌い方」をレクチャーしました。 今回はその発展で、「8Beatなどのリズムパターンもしっかり歌おう」をテーマに書きたいと思います♪

◆8Beatの歌い方

 

 

8Beat 歌い方 ①

譜例①

 

譜例①は8Beatの基本リズムパターンですね。

ここで、ハイハットは「ツッ」または「チッ」

スネアは「タッ」

バスドラムは「ドッ」

と歌う事にします!

手と足が重なってる箇所は足を優先して歌います。

スネアとハイハットが重なってる箇所はスネアを優先。

すると、歌は「ドッ ツッ タッ ツッ ドッ ツッ タッ ツッ」となりますね。

間に小さい「ッ」を入れてるのは、8分音符の流れで歌いたいからです!

前回(Vol.9)で8分音符は小さい「ッ」を入れて歌う、と紹介しましたよね♪

 

 

8Beat 歌い方 ②

譜例②

 

譜例②も8Beatの基本リズムパターンです。

しかし、このパターンと譜例①のパターンを歌い分ける事はできません。

なぜなら、譜例②のスネアとハイハットとバスドラが重なってる箇所をバスドラ優先にしてしまうと…..「ドッ ツッ ドッ ツッ ドッ ツッ ドッ ツッ」となってしまいますよね。

これでは8Beatの感じには聞こえません。

ですから、ここは、「ドッ ツッ タッ ツッ ドッ ツッ タッ ツッ」と歌うしか無いです(>_<)

 

 

8Beat 歌い方 ③

譜例③

 

もちろん譜例③のようにスネアがない時「ドッ ツッ ドッ ツッ ドッ ツッ ドッ ツッ」でその感じが表現出来ていますよね。

 

このようにリズムパターンを歌うと、色々なパターンを歌う事が出来ます!

 

◆さまざまな8Beatの歌い方

 

8Beatの歌い方④

譜例④

 

 

譜例④を….

手と足が重なってる箇所は足を優先で「ドッ」

スネアとハイハットが重なってる箇所はスネアを優先で「タッ」

に習って歌うと….

8Beat 歌い方 a

a.「ドッ ツッ タッ ドッ ドッ ツッ タッ ドッ」

 

8Beat 歌い方 b

b.「ドッ ツッ タッ ツッ ドッ ドッ タッ ツッ」

 

8Beat 歌い方 c

c.「ドッ ツッ タッ ドッ ツッ ドッ タッ ツッ」

 

8Beat 歌い方 d

d.「ドッ ドッ タッ ドッ ドッ ドッ タッ ドッ」

 

と言う風になります。

 

※練習の時は、慣れるまでこのように、声に出して歌いながら叩きましょう!

それを続けていると、その内(結構早く)声に出さなくても自然に歌えるようになります!

しかも!! 「ドッ」と言ったら足が「ツッ」と言ったら右手が「タッ」と言ったら左手が 勝手に反応してくれるようになります!

そうなれば、初めて叩くリズムパターンでもすんなりと叩けたりしますよ☆

 

<余談>

言葉と体の反応が十分リンクしていると…

 

歌と体のリンク譜例⑤

 

 

譜例⑤の a.を「タッ ツッ タッ ツッ」

b.を「ドッ タッ ドッ タッ」

と歌いながら、楽譜通りに叩いてみて下さい(^_-)-☆

要するに、歌と叩く楽器が逆になってる状態で叩くと言う事です!

すると、かなり、歌いにくい and 叩きにくかったと思います♪

 

それは、ちゃんと言葉と意識と体のリンクがなされているので、「タッ」と歌えばスネアを叩きたいし「ドッ」と歌えばバスドラを踏みたくなるからです!

 

 

次回は「Fill in の歌い方」を書きたいと思います♬

 

 

 

-ドラム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

島田 友博

ドラム経験者も大歓迎です!

当スクールでは、初心者だけでなく、ドラム経験者も大歓迎です。 ドラムを練習していると・・・・ ◆ドラムをいままで自己流でやって来たけど、いま一つ上達できない ◆どうしても出来ないフレーズがある。。。 …

ドラムブログVol.4-1 『ドラム譜の見方』

こんにちは(*゚▽゚*) 今回もドラムの楽譜についてです。   ドラムと言う楽器は音階(ドレミファ・・・)がないので、何処を叩いても、音階上で不協の旋律になる事は有りませんし、調(ハ長調、イ …

ドラムの”リズム・パターン”のマンネリ化を防ぐには?!

いつもいつも似たようなフレーズ(リズムパターンやフィルイン)ばかり叩いてしまう~ なんて、悩んだ事御座いませんか?それは大抵、リズムの基本をおろそかにして、がむしゃらに演奏しているからだと思います。基 …

ドラムブログVol.1 『音符の長さと種類』

音符の長さと種類 今回から、ドラムブログと題しまして、ブログ上でドラム上達の為になるワンポイントレッスンを更新して行きたいと思います♪ 今回は第一回目と言う事で、『音符の長さと種類』についてです。 ド …

ドラムブログVol.3 『ドラム譜と楽器名』

こんにちは~(*゚▽゚*) 今回はドラムの楽譜と楽器名についてレクチャーしたいと思います。 ◆ドラムも他の音階楽器と同じで、五線紙上に記譜されます。 でもドラムには音階(ドレミファ・・・・)が無いので …