奈良のドラム教室♪TOMO-Z♪

お近くのスタジオ等で丁寧なドラムレッスン。1レッスン3,000円~「対応地域:奈良・橿原・生駒・京都府南部」

ドラム

ドラムブログVol.6-① 『メトロノームと友達になろう!!』 (o ̄∇ ̄o)♪

投稿日:2017年4月1日 更新日:

こんにちは、今回はドラマーにとって(他の楽器でも)大切なメトロノームについて2回に分けて書きたいと思います。

ドラムを始めたばかりの方に、おすすめしたいのが早い段階から、メトロノームを使って練習する事です!

メトロノームは、『クリック』や『ドンカマ』などとも呼ばれます。

経験者の方でメトロノームを使って、練習した事が無いという方は、これを読まれた機会に是非練習にはメトロノームを欠かさないようにして下さい。

我々人間は(機械じゃなく)生き物ですから、完璧に一定で正確なリズムを演奏する事は不可能です。

例えば次のリズム①を見て下さい。

リズム①

ハイハット4分 ドラムブログVol.6-①

お分かりのように、ハイハットを4分音符で叩くだけです。4分間(大体1曲分の長さ)ずっとそれだけを叩いてみて下さい。そしてそれを録音しておいて、始めた時の速さと終り付近の速さを比べてみましょう。速くなっている方もいれば、逆に遅くなっている方もおられるでしょう。自分では一定に叩いたつもりでも、知らず知らずのうちに速くなったり遅くなったりしているものです。

 

一般的に、8分音符、16分音符のように細かい音符になる程、速くなる傾向があります。

次のリズム②を叩いて見て下さい。

リズム②

Fill In ドラムブログVol.6-①皆様、叩けましたでしょうか?Fill inの部分で速くなってませんでしたか?

バンド練習で、メンバーから「Fill(おかず)の度に速くなる」と指摘される事はよくある事です。メンバーがリズムに乗って演奏してるのに、ドラムがFillを入れるとズレるのでその度に気分が下がります。

Fill inやリズムパターンがもっと複雑になればなる程、テンポキープが難しくなってきます。

だから常にメトロノームを使って練習する事で、リズム(テンポ)を矯正していくわけです!

 


 

◆メトロノームの練習の仕方

練習の仕方は沢山ありますが、まずは普通に「拍の表(4分音符)」に鳴らして練習すれば良いです。

※拍の表・・・拍については次々回Vol.7で説明致します。

始めはメトロノームにズレやすいと思います。それだけ自分が速くなったり遅くなったりしているという事です。

初心者さんで慣れない内は、楽譜上でどの音符の時にメトロノームと一緒になるのか把握してから練習すると合わせやすいですよ(´∀`)

新しいフレーズを練習する時、初めからメトロノームに合わせるのが難しい場合は、まずはメトロノーム無しでそのフレーズに慣れてから、メトロノームに合わせるように練習すれば良いでしょう☆

それでは、次回はこの続きで、メトロノームに合わせるコツから書きたいと思います。

-ドラム
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラムブログVol.4-2 『ドラムの叩き方』

さて、前回でドラム譜を理解できたら、次は実際にどうやって叩くか?ですよね。 皆さん、テレビの音楽番組とかでドラマーがチラッと映った時に、なんとなく見てると思います。 ですが、知らない人の為に順番に説明 …

no image

ドラムブログVol.2 『音の長さと種類②』

今回も引き続き、「音の長さと音符の種類」についてです。 前回はリズムの基本となる音符ばかりでしたね。 4分音符(休符、以下省略)や8分音符、16分音符と言ったこれらの音符だけでも、十分に色々なリズムを …

ドラムチューナー

ドラムのチューニングについて

音とは音波であり、空気が振動して伝わります。 その空気の振動の幅が広い or 狭い、大きい or 小さいかが周波数(Hz)となります。この周波数で決められた数値が、例えば良く基準にされる音:A音(ラ) …

ドラムブログVol.5 『8Beat』 (^O^)

  皆様、こんにちは(*^^)v 今回はドラムビートの中でも一番多く使われる『8Beat』についてレクチャー致します☆ ドラムブログVol.1~4までで一通り、リズムの基礎からドラム譜の読み …

no image

視覚も大切やけど

この前に「ドラムは耳や身体だけで感じて覚えるよりも、目と頭を使っても覚えるとより効果的だ」と言う話しをしました。 今回はその続きと言うか、補足と言うか・・・ 練習する時にお勧めなのは、『鏡』を使う事で …