*

ドラマーなら、、柔軟体操は必須♪

      2017/02/18

ドラマーの皆さん、柔軟体操をしていますか?

僕は身体(関節)が硬いので、たまに柔軟体操をしています。本当は毎日しないといけないんですが、なかなか毎日できないんですよねーー。。

ドラマーは絶対、身体(特に関節)が柔らかい方が良いと思います。

なぜかと言うと、ドラマーは常に椅子に座って、手足をハードに動かします。そして、重心を保ちながら演奏しますよね?特に両脚を動かすわけですから、動かす瞬間ごとに身体の重心を保たなくてはなりません。※ここで言う、重心を保つとは固定する事ではなく、必要に応じて重心を移動させ、バランスを取ると言う事です。

関節が硬いと、重心を保とうと、筋力(力任せ)で演奏してしまいます。これが、楽器の演奏に於いてはご法度なんですよね。

『力む = 音がつぶれる&すばやく動ごきにくい&疲れる等の原因』になります。

関節が柔らかいと、重心の移動も無理に逆らわず、流れにまかせてスムーズに移動ができます。力む事は少ないでしょう。

僕も頑張って、柔軟体操は「たまに」ではなく、毎日続けたいと思います。やはり、練習と同じで毎日の積み重ねが実を結ぶんでしょうね。

 - ドラム , ,

  関連記事

KORGメトロノーム BEATLAB
ドラムブログVol.6-② 『メトロノームと友達になろう!!』 (o ̄∇ ̄o)♪

皆様、こんにちは(^O^) 前回はメトロノームを使って練習する事の大切さを書きま …

楽器の名前
ドラムブログVol.3 『ドラム譜と楽器名』

こんにちは~(*゚▽゚*) 今回はドラムの楽譜と楽器名についてレクチャーしたいと …

1,2,3,4
ドラムブログVol.7 『拍』☆彡

皆様、こんにちはo(^▽^)o 今回はVol.1やVol.6でも何度か登場した「 …

8Beat イメージ
ドラムブログVol.5 『8Beat』 (^O^)

  皆様、こんにちは(*^^)v 今回はドラムビートの中でも一番多く使 …

no image
ドラムブログVol.2 『音の長さと種類②』

今回も引き続き、「音の長さと音符の種類」についてです。 前回はリズムの基本となる …

ドラムチューナー
ドラムのチューニングについて

音とは音波であり、空気が振動して伝わります。 その空気の振動の幅が広い or 狭 …

no image
視覚も大切やけど

この前に「ドラムは耳や身体だけで感じて覚えるよりも、目と頭を使っても覚えるとより …

rhythm
ドラムの”リズム・パターン”のマンネリ化を防ぐには?!

いつもいつも似たようなフレーズ(リズムパターンやフィルイン)ばかり叩いてしまう~ …

メトロノーム記号
ドラムブログVol.8 『テンポ』 ( ⊙‿⊙)

  皆様こんにちは、今回は前回に少し出てきた、「テンポ」について書きた …

島田 友博
ドラム経験者も大歓迎です!

当スクールでは、初心者だけでなく、ドラム経験者も大歓迎です。 ドラムを練習してい …