奈良のドラム教室♪TOMO-Z♪

お近くのスタジオ等で丁寧なドラムレッスン。1レッスン3,000円~「対応地域:奈良・橿原・生駒・京都府南部」

ドラム

ドラムブログVol.7 『拍』☆彡

投稿日:2017年6月7日 更新日:

皆様、こんにちはo(^▽^)o 今回はVol.1Vol.6でも何度か登場した「拍」についてお話致します!

そもそも「拍」とはどんな物なのか?

皆様、説明できます?

はい!

答えは「拍子」の事ですね!!

「拍子」は中学生の音楽の授業で習うと思います。←「拍子」・・・分かりますよね( ⊙‿⊙)?

はい!分からない方はVol.1を復習しましょう!!

 

さて、ここからが今回のテーマです!

◇色々な拍

譜例➀ 4拍子の4分音符

譜例➀ 4拍子の4分音符

譜例➀は4/4拍子なので、4分音符の位置が「拍」になります!←そうなんです!「拍」とは1小節内の位置の事なんですよね☆

では次はどうでしょうか?

譜例➁ 6/8拍子の拍

譜例➁ 6/8拍子の拍

譜例➁のように6/8拍子は1小節の中に8分音符が6個あると言う事ですよね。

ここでの「拍」とは8分音符の位置の事になります。

※要するに「拍」とは〇/〇拍子の分母の音符を基準とすれば良いのです!!

・・・・

・・・・

・・・・

あれ?じゃ次の場合はどうなるの?

譜例③-a 6/8拍子の拍

譜例③-a 6/8拍子の拍

譜例③-b 3/4拍子の拍

譜例③-b 3/4拍子の拍

譜例➂-a6/8拍子と譜例➂-b3/4拍子は、譜面の書き方(使用する音符)次第では、同じように書く事ができます(書き方に規則はありますが)。

数学的にも6/8を約分すれば3/4ですものね?

例え譜面上の書き方が同じでも、拍は〇/〇の分母の音符が基準になります!!

譜例➂-aには8分音符はありませんが、8分音符の位置が「拍」、譜例➂-bには4分音符はありませんが、4分音符の位置が「拍」なのです!!

仮に譜例➂を載せましたが、基本的にはこのような記譜の仕方はしません!!
通常は次のようになります。

譜例➃-a 6/8拍子の記譜

譜例➃-a 6/8拍子の記譜

譜例➃-b 3/4拍子の記譜

譜例➃-b 3/4拍子の記譜

譜例➃のように記譜する事で、aとbは別の拍子と言う事がわかりやすくなります。

実際、6/8拍子と3/4拍子では「リズムの乗り」が違うので、全くの別物なんです!!

 

◇「表」と「裏」

「表」と「裏」という言葉はドラムを勉強するうえでは欠かせません。

・拍の「表」「裏」

バンドのリハーサル時に「4拍目裏でブレイクしよう!!」とか 「4小節目の3拍目裏からドラムが入る」などと使う事があります。
尚、表の場合は「表」とはつけずに「4小節目の2拍目から〇〇」などと使います。

 

譜例⑤-a 拍の表 裏

譜例⑤-a 拍の表 裏

譜例⑤-b 拍の表 裏

譜例⑤-b 拍の表 裏

譜例➄a,bのように、拍の表とは拍のの位置(4/4拍子なら4分の位置、6/8拍子なら8分の位置)の事です!!
逆に、拍の裏とは拍と拍の間の「丁度真ん中」の位置の事です!!

 

・音符の「表」「裏」

拍の表・裏だけでなく、音符にも「表」「裏」の考え方があります。

譜例➅-a 4分裏

譜例➅-a 4分裏

譜例➅-b 4分裏

譜例➅-b 4分裏

譜例➅-aは4分裏を強調して演奏する時の例

譜例➅-bは「4分裏を感じて演奏しよう」とする時の例

普通に演奏すると「ドン、タン、ドン、タン」になるけど、「4分の裏=8分音符の位置は叩かないけれど、意識して演奏する」なら「ドッ、ウッ、タッ、ウッ、ドッ、ウッ、タッ、ウッ」という感じになります。 まぁ、要するに「乗りの違い」ですね!!

譜例➅-c 8分裏

譜例➅-c 8分裏

譜例➅-cは8分裏(16分音符の2つ目と4つ目)にアクセントを付ける例です。

 

 

※「表」「裏」はバンド内でも良く使う言葉だし、ドラムの勉強の上で大事なので覚えておいた方が良いですよ!!
次回は、テンポについて書きたいと思います☆

-ドラム
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドラムブログVol.1 『音符の長さと種類』

音符の長さと種類 今回から、ドラムブログと題しまして、ブログ上でドラム上達の為になるワンポイントレッスンを更新して行きたいと思います♪ 今回は第一回目と言う事で、『音符の長さと種類』についてです。 ド …

ドラムチューナー

ドラムのチューニングについて

音とは音波であり、空気が振動して伝わります。 その空気の振動の幅が広い or 狭い、大きい or 小さいかが周波数(Hz)となります。この周波数で決められた数値が、例えば良く基準にされる音:A音(ラ) …

no image

視覚も大切やけど

この前に「ドラムは耳や身体だけで感じて覚えるよりも、目と頭を使っても覚えるとより効果的だ」と言う話しをしました。 今回はその続きと言うか、補足と言うか・・・ 練習する時にお勧めなのは、『鏡』を使う事で …

ドラムブログVol.8 『テンポ』 ( ⊙‿⊙)

  皆様こんにちは、今回は前回に少し出てきた、「テンポ」について書きたいと思います! ◇メトロノーム記号 テンポとは曲の速さの事ですよね(´∀`) 楽譜で冒頭にある  ♩=120 がその曲は …

グルーヴ

ドラムの「グルーヴ」について♪

少し深い話しになりますが、ドラムの「グルーヴ」についてです。 野球のグローブや歌手のGlobeじゃありません…^_^; 「Groove」です。 「グルーブ」とはいったい何なのか? これには …