*

ドラムブログVol.5 『8Beat』 (^O^)

      2017/05/29

 

皆様、こんにちは(*^^)v

今回はドラムビートの中でも一番多く使われる『8Beat』についてレクチャー致します☆

ドラムブログVol.1~4までで一通り、リズムの基礎からドラム譜の読み方まで説明致しました。
今回は復習も織り交ぜながら、色々な『8Beat』を紹介して行きたいと思います。

まずは『8Beat』について。

8Beatとは・・・8分音符を基調としたリズムパターンの事で、主に8分音符で構成される。
ロックからジャズ、クラッシックまで幅広く使われる代表的なビートです。

ポピュラーミュージックでは一番良く使われるので、 『8Beatさえ叩ければ殆どの曲が叩けてしまう』と言っても過言ではない位、重要なリズムパターンです☆

それでは早速、一番シンプルな8Beatから始めましょう♪

 

8Beatやってみよう1-2

図A

すでにご存知の通り「×」の音符は8分音符で右手HHを叩きます。叩くタイミングが分かり易いように、ここではあえてこの8分音符4つ分(2拍分)毎に「1,2,3,4」と番号を付けます。
始めのうちは口で1,2,3,4、1,2,3,4歌いながら右手を動かすと良いでしょう(#^.^#)
そして1と3の所にバスドラム(足)を踏みます。さらに3の所は左手SNも叩きます。つまり、3は右手と左手と足を同時に鳴らすと言う事です。

あれ?? このリズムパターン知っていません??

そうです!! 前回ドラムブログVol.4でやりましたヨネ(^0_0^)    復習でした(笑)

 

8Beatやってみよう2-1

図B

次のパターンは図Aと殆ど同じですが・・・バスドラムが少ないですよネ?
3の位置は足はお休みで、HHとSN(右手と左手)を同時に叩く事になります☆

これらのAとBのパターンは8Beatの本当に基本となるパターンです。あらゆる曲に使用できますよ~♪~(´ε` )

ここまでシンプルなビートでしたが、曲毎にもっと変化が欲しい為、バスドラムの位置を色々変化させていきしょう!

 

8Beat1

図C

手のパターンは図A、図Bと同じです。

同じよに右手の叩く位置に1,2,3,4,1,2,3,4と番号を付けて行きましょう。すると、足を踏むのは1,4,1,4と言うのがわかります。しかも良く見ると、前半1,2拍をひと塊まりとすれば、後半3,4拍も同じです。
このパターンの難しい所は、このパターンを続けると・・・今叩いているのが、「1,2拍の塊まりなのか」、「3,4拍の塊まりなのか」が分からなくなる所です。しっかり、数えながら叩きましょう(^0_0^)

それからドラムの練習方法として大事なのが、声を出してリズムを歌う事です。
ドラムの歌についてはまた今度詳しく書きますが、ここではリズムパターンの歌い方について書いておきます。

HHを「ツ」又は「チ」、SNを「タ」と歌います。手のパターンだけを歌うと「ツツタツ、ツツタツ」となります。
バスドラムを「ド」と歌います。足も入れたパターンを歌うと「ドツタド、ドツタド」←※分かり易いように前半1,2拍と後半3,4拍との間に「、」を入れて有りますが、実際歌う時は区切らず続けて歌いましょう☆

 

8Beat2

図D

今度は1,2拍と3,4拍は違うパターンですね。
またわかり易いように、数字を振ってあります。バスドラを踏む数字に〇を付けた方が分かりやすいでしょうか。
もちろん、手のパターンはこれまでのと同じですね。
バスドラムの位置は1,4,2です。
練習のコツは前半1,2拍の塊まりと3,4拍の塊まりをそれぞれ別々に練習して、出来るようになったらそれらを繋ぎ合わせると言った方法が一番良いでしょう。

歌はこうなります。「ドツタド、ツドタツ」(^0_0^)
皆様、歌ましたか?

では、どんどん参りましょう!!

 

8Beat3

図E

今度も手のパターンは同じです。
前半1,2拍はもう番号振らなくても出来ますよね?図Bのパターンと同じですからネww
後半は分かり易いように番号振ってもいいでしょう。
そうすれば後半は1,2の所にバスドラムですねo(^▽^)o

歌・・・「ドツタツ、ドドタツ」(*^^)v

慣れて来たら、テンポ上げて叩いてみましょう♪

ほらっ、よく聴いた事あるドラムの感じではありませんか??

そうなんです!このパターンはロックドラムの王道とも言うべきパターンで、ロックではめっちゃ良く使います。それに、めっちゃクールでカッコイイパターンだー!!っと僕は思います♪

よーし、次のはどうだー!!!

 

8Beat4

図F

さぁ、ここまでくれば番号振らなくても、できるようになって欲しい(^0_0^)
やり方は分かりますよね?? パターンを歌いましょうネ(^ω^)

この3つのパターンはすべて繰り返す(リピート)時、バスドラムが連続で踏まないといけませんので注意が必要です。
それから、一番下のパターンは良くみると・・・左手(SN)の位置以外はすべてバスドラムを踏むと考えれば、簡単ですよね。しかし、図Cのパターンと同じく、前半1,2拍と後半3,4拍が同じパターンが続くので、しっかり数えながら叩く必要が有ります☆彡

さて、これで8種類の8Beatを紹介致しました。
皆様、お気づきになられましたでしょうか?

この8種類の8Beatはすべて手は同じパターンです。
実は、『手のリズムパターン』と言うのはこのパターンが一番多く使われます。
すなわち、バスドラムの位置だけを変えるだけで、幾通りものリズムパターンを作る事ができるのです☆☆

色々バスドラの位置を変えてチャレンジしてみて下さい☆

ネ? ドラムって以外と簡単でしょ??

次回は練習には欠かせないメトロノームについて解説したいと思います☆

 - ドラム , , , ,

  関連記事

BOSSメトロノーム Dr.Beat DB-30
ドラムブログVol.6-① 『メトロノームと友達になろう!!』 (o ̄∇ ̄o)♪

こんにちは、今回はドラマーにとって(他の楽器でも)大切なメトロノームについて2回 …

KORGメトロノーム BEATLAB
ドラムブログVol.6-② 『メトロノームと友達になろう!!』 (o ̄∇ ̄o)♪

皆様、こんにちは(^O^) 前回はメトロノームを使って練習する事の大切さを書きま …

楽器の名前
ドラムブログVol.3 『ドラム譜と楽器名』

こんにちは~(*゚▽゚*) 今回はドラムの楽譜と楽器名についてレクチャーしたいと …

島田 友博
ドラム経験者も大歓迎です!

当スクールでは、初心者だけでなく、ドラム経験者も大歓迎です。 ドラムを練習してい …

no image
ドラムブログVol.2 『音の長さと種類②』

今回も引き続き、「音の長さと音符の種類」についてです。 前回はリズムの基本となる …

1,2,3,4
ドラムブログVol.7 『拍』☆彡

皆様、こんにちはo(^▽^)o 今回はVol.1やVol.6でも何度か登場した「 …

20040912_2032_000
ドラムブログVol.4-2 『ドラムの叩き方』

さて、前回でドラム譜を理解できたら、次は実際にどうやって叩くか?ですよね。 皆さ …

measures
ドラムブログVol.1 『音符の長さと種類』

音符の長さと種類 今回から、ドラムブログと題しまして、ブログ上でドラム上達の為に …

メトロノーム記号
ドラムブログVol.8 『テンポ』 ( ⊙‿⊙)

  皆様こんにちは、今回は前回に少し出てきた、「テンポ」について書きた …

rhythm
ドラムの”リズム・パターン”のマンネリ化を防ぐには?!

いつもいつも似たようなフレーズ(リズムパターンやフィルイン)ばかり叩いてしまう~ …